ゆとりある生活の郊外都市|ローコスト住宅の魅力はリーズナブルな点にあり!

ローコスト住宅の魅力はリーズナブルな点にあり!

家

ゆとりある生活の郊外都市

インテリア

岐阜県は全国的にはあまり知られていない県かもしれませんが、最近では映画の影響や技術開発などの研究所で少しずつ名前を聞くようになってきました。もともと海に面していなくて山が多いという特徴もあり、自然が豊かな土地柄です。しかし、岐阜市内に入れば、大きな病院や大学、美術館なども存在し、少し郊外に入れば大型ショッピングセンターなども複数存在する住環境となります。大都市部とは異なり、大きな企業での働き場所を探すのは少し大変かもしれません。ただし隣県にある名古屋市内には数多くの企業があるために、名古屋市に通勤する人のベッドタウンとしての価値もあります。岐阜駅から名古屋駅までの交通アクセスは、名鉄電車やJRがあるためにかなり便利です。JRなどは30分足らずで名古屋駅まで行くことが出来ます。ただし、岐阜市内中心部での交通アクセスは便利ですが、少し離れるとバスなどは本数が少なかったり、公共交通機関がないために、自家用車が生活には必須になります。

岐阜市中心部でなく、少し離れた場所に新築を構えることはメリットもあります。まずは何といっても土地の価格でしょう。名古屋のベッドタウンとして考えられていることから、名古屋市と比較してみても、坪単価として5〜10万の開きが出ます。のびのびとした子育てを考えるのであれば、自然豊かで、生活環境の整っている岐阜市を新築の候補として選ぶことは決して損ではありません。実際のところ、子供が地元の学校を選ぶ家庭もあれば、愛知県内の私立進学校へ通わせている家庭も少なくありません。岐阜駅まで多少遠くても、もともと土地価格が高くないために、新築を考えるにあたって駐車場を確保することは難しくありません。大都市部のように、毎月の駐車場代が馬鹿にならない、といった悩みはないのです。また、ショッピングセンターや美術館などの公共施設であっても、駐車場の利用料金がかかるということはほとんどありません。それだけ車と共に生活をしていく環境ということなのです。ゆとりのある暮らしにしたいと考えるのであれば、岐阜に新築一戸建ていうことを検討してみてはどうでしょうか。